Monthly archives: September, 2016

目薬でドライアイ対策

ドライアイかもしれないと思って、目薬を使用するためにドラッグストアに行ってみたらいろいろな種類の目薬があって、どの目薬がドライアイに効果があるのか分からないという経験をした方はいませんか。 一番重要なのは、『ドライアイ専用』と表示されている目薬を購入することです。 目薬というのは、自分の症状によって選ばなければならず、値段が安いからなどという理由で購入することは止めましょう。 また、目薬はほかの人と同じものを使うことも止めましょう。 家に1つだけ目薬があれば十分という考えは危険です。 目薬は1人につき1つにしておきましょう。 ほかにも、目薬を用いるときの注意点は、まつ毛やまぶたに目薬の先端がつかないようにすることです。 また、症状が重症な方の場合、1日の間に何度も使用してしまうことがあるかと思いますが、1日に目薬を使用していい回数は商品ごとで異なります。 購入した後に取扱説明書などを見て、使用方法をチェックしてから使用するといいでしょう。 パソコンを見ているときに目が乾いてしまうと目薬を用いると思います。 パソコンを見ているとまばたきの回数が少くなる傾向にあります。 そのため、自分で「何時間経ったら目薬を使用する」、というように、自分で目薬を使用するルールのようなものを決めて使用するといいでしょう。 また、ドライアイのために目薬を用いるのはその場限りの対処療法であることも覚えておきましょう。 目薬のほかにも、食生活に気を付けたり、湿度を適度に保ったり、ストレスを解消するようにしたりと、目薬以外にも対策をするようにしましょう。 おすすめサイト>>>>>目が重い おすすめサプリ

引越し時の冷蔵庫に関する要注意ポイント

冷蔵庫は大変デリケートな家電です。 ですから搬出搬入を引越し業者に任せる場合でも細心の注意を払ってくれることが多いです。 それでも破損してしまう可能性が拭いきれません。 これは運ぶ作業員の所為で無い場合もあるんです。 外部破損の場合などは保障がありますが、冷蔵庫内の内部で故障してしまったら保障外となってしまうことを憶えておきましょう。 少しでも故障する可能性を低くするために、引越し時の注意点も含めてご説明します。 引越し前にしておくべきこと 引越し前日までに庫内の食品食材はすべて冷蔵庫から出しておきます。 可能でしたら、数日前から庫内が引越し前日に空になるように計画して食品などを購入するようにしましょう。 前日に冷蔵庫に残ったものは、保冷ケースなどに入れるようにしてください。 保冷剤も前日までに用意しておくと良いかと思います。 もともと冷蔵庫で保存していたものですから、常温は危険です。 ですから、臭い移りも気にしないで良いように、保冷ケースに入れて運ぶようにしましょう。 そして、引越し前夜は必ず冷蔵庫内がカラなのを確認してコンセントを抜いておきましょう。 引越し当日 旧居 引越し当日はまず、自動製氷機が備わっている冷蔵庫はその製氷用の水を捨てます。 水の捨て方は、冷蔵庫の取扱説明書をご確認ください。 次に冷蔵庫の下部に備わっている蒸発皿に溜まった水を抜いてください。 この作業は、引越し業者が行ってくれる場合が多いです。 冷蔵庫を運ぶことはすべて引越し業者に任せてしまいましょう。 冷蔵庫には圧縮機というものが付いており、この圧縮機の潤滑油が内蔵されています。 これを冷凍機オイルというのですが、冷蔵庫を横にすると漏れだす可能性があるのです。 オイルが冷却システムの中などに入ってしまうと、故障してしまうこともあります。 そうなった場合、冷蔵庫の販売メーカーに修理を依頼しても修理不可と断られてしまうこともあります。 ですから、必ず冷蔵庫は縦にした状態で運ばれます。 そういった点からみても、冷蔵庫については引越しのプロに任せた方が安心と言えるでしょう。 引越し当日 新居 新居への搬入が済み、冷蔵庫を所定の位置に配置した後、すぐには電源をいれません。 設置してから1時間程度経ってからコンセントをいれることになります。 これは冷凍機オイルや、冷蔵庫内のガスが安定するのを待つためです。 お判りでしょうが、電源を入れたらすぐに冷蔵庫の中が冷えるといったことはありません。 冷蔵庫が冷えるには、だいたい2~3時間を要します。 夏場の場合は10時間程かかるとみてください。 冷蔵庫が早く冷えて欲しいと思うのでしたら、目安の時間が経つまではドアを開けないようにしましょう。 完全に冷えたことを確認してから保冷ケース内の食品や食材をしまってくださいね。 参考にしたサイト>>>>>ハイドロキノン化粧品の比較