コレステロールは男性ホルモンや女性ホルモンの材料なの?

コレステロールは悪いものと思っている人も多いと思いますが、実際に体の為には必要なものなのです。脂質の一つの種類となっており、エネルギに欠かせないものとなっています。

また、細胞膜などを作る為には必要な材料です。更に、ホルモンの生成を促すために必要不可欠なものでもあります。ホルモンの種類の中では、男性ホルモンと女性ホルモンがありますが、男性特有の作用としては、筋肉質や体つき、タンパク質を内蔵、筋肉などに生成する役割を持っています。

皮脂や体毛などの分泌などにも関係しており、発毛を促進して、性欲を高める役割を持っているのです。女性ホルモン特有の作用は、体つきや生理、妊娠、髪や肌のツヤ、自律神経の安定などに欠かすことができないもです。

また、ホルモンには、疲労回復や治癒能力を高める効果もあり、子供の成長を促す役割もあります。ホルモンバランスが乱れてしまうことにより、体調不良を引き起こしてしまったり、自立神経が乱れてしまう可能性もあります。

それだけ、ホルモンは男性にとっても女性にとっても大事な役割をしていると言えるのです。そのホルモンを維持していくためには、コレステロールは欠かすことが出来ないと言えます。

脂質を摂りすぎてしまうと良くないのですが、すくない場合も悪影響を与えてしまう可能性がありますのでバランスよく脂質も取り入れるように心がけるようにしましょう。体にとってホルモンバランンスを整えることは重要なことです。
購入はこちら>>>>>もう後がない!即効痩せる痩身エステランキング!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *