予備校の学費について

通わせる学校によって必要となる費用も異なる

通わせる学校によって必要となる費用も異なる / 大人数の講義と個別指導のそれぞれのメリット / 学費を大きく左右する要因の一つは受講する科目の数

受験を控えた子供を持つ親御さんが、子供の学力を伸ばすために予備校を通わせる場合、必ず考慮しなければいけないのが学費です。
通わせる学校によって必要となる費用も異なるために、学校を選ぶ際にはどのくらいの費用がかかるのかを、事前にしっかりと調べておく必要があります。
毎年、多くの有名な学校に合格者を輩出している有名な予備校などの場合、それなりの予算がかかることも珍しくありません。
こうした学校では設備投資や優秀な講師の確保など、教育のために多額の費用をかけていることも多いために、その分毎月の学費も高額になる傾向があります。
全国規模で事業を展開をしているような大手の学校の場合には、値段に見合っただけの価値のある授業を受けられるような学校も多く存在します。
その反面、低料金でもしっかりと勉強を教えているような学校も全国には多くあります。
こうしたタイプの学校の中には個人で経営しているようなところも多くあり、通っている生徒の数が限られている分、生徒と講師の距離がより近くなり、親密に勉強を教えてもらえます。
また、生徒の数が限られているような学校ならば、講師が一人一人の生徒にかけられる時間も多くなるために、よりしっかりとした指導を受けることもできます。
一般的に予備校の学費は、一緒に授業の生徒が少なくなればなるほど、高額になる傾向があります。
大人数を収容できるような教室で講義を受けるスタイルの授業と、生徒と講師が一対一で授業を行うようなスタイルでは、自ずから料金も異なってきます。

1年あたりの私立の学費って100ぐらいしますもんねー
それってよくよく考えたら、1年間予備校行く学費と大して変わらないですもんね( ・∇・)
ましてや中高一貫に行ってたとなると
その6年の学費に予備校代がかかるので…
公立6年間の人達とはえらい違いになりますね泣

— 大村三浪 (@rouninhappy24) 2018年10月10日

予備校 学費 / 予備校・塾選び(選択方法)|学費-入学金と授業料で選ぶ