予備校の学費について

大人数の講義と個別指導のそれぞれのメリット

通わせる学校によって必要となる費用も異なる / 大人数の講義と個別指導のそれぞれのメリット / 学費を大きく左右する要因の一つは受講する科目の数

大人数の生徒を一度に講義するような授業の場合には、講師は一人で何十人もの生徒を一度に教えることができるために、効率よく生徒を指導することができるため、その分安い費用で勉強を教わることができます。
その反対に一対一の個別授業の場合には、講師は一人の生徒だけを相手にして授業をしていることから、その分、講師に支払うべき学費が高額になるのも当然のことです。
大人数で受けるタイプの授業は費用が安い分、一人一人の生徒にしっかりとコミュニケーションをとりながら授業をすることは難しいですが、その分、しっかりと授業を集中して聞くことで、生徒は着実に学力を向上させることが可能です。
人気のある講師などは大人数の前で講義を行うことも多いですが、こうした講師はわかりやすく授業をする技術があるために、大人数の講義でも内容を深く理解することができます。
個別指導の場合には料金が高額な分、一人一人の個性に合った指導を受けることができるのが特徴です。
勉強の得意な子供の場合には、レベルの高い講師の個別指導を受けることで、さらに学力を向上させることができ、より難関の学校にも挑戦できるようになります。
個別指導は勉強が苦手な生徒にとっても、非常に意義のあるものです。
勉強が苦手な生徒の場合、どこから勉強が理解できなくなったのかも自分でわからないような場合が多いのですが、個人指導ならばわからなくなった場所までさかのぼって、基礎からもう一度やり直すことができます。
このように、一人一人の生徒の学力や個性にあった指導が受けられるのが個別指導のメリットであることから、高額の料金を支払っても、学力の向上という目的のためには十分にメリットがあります。